もとのページへ
Debut Mini Album
『chatmonchy has come (Forever Edition)
『chatmonchy has come』は、バンドとして初の正式な単独音源リリースとなったデビュー・ミニアルバム。 いしわたり淳治 (ex.SUPERCAR) がサウンド・プロデュースを手掛けたDisc1と、当時のLive音源を収録したDisc2の2枚組。 メンバー全員がそれぞれ作詞を行い、橋本が作曲を手がける曲群は、オルタナティブで普遍的なロックの魅力に今も満ち溢れている。 初期の代表曲「ハナノユメ」や、情景が浮かぶ甘美なミディアムナンバー「惚たる蛍」、そして卒業ソングとしても人気の高い「サラバ青春」など、奇跡的なバランスでもって共存するオルタナセンスとポップセンスを初めて塊としてシーンに提示した全6曲を収録。 橋本絵莉子、福岡晃子、高橋久美子という女の子3人が、新しい時代の到来を徳島から告げた名曲揃いの1枚。(オリジナル発売:2005年11月23日)
『chatmonchy has come (Forever Edition)』
2015年11月11日発売 KSCL-30011〜30012
2,400円 (税抜) / 2,592円 (税込)
Blu-spec CD2 2枚組 【初回仕様限定盤】@ブック型特殊パッケージ AForever Edition 第一弾 (全4タイトル) 購入者特典応募券封入
<Disc1 - Remaster CD>
01. ハナノユメ
02. DEMO、恋はサーカス
03. ツマサキ
04. 惚たる蛍
05. 夕日哀愁風車
06. サラバ青春

<Disc2 - Live CD>
01 ハナノユメ (2006 Live)
02 DEMO、恋はサーカス (2006 Live)
03 ツマサキ (2006 Live)
04 惚たる蛍 (2006 Live)
05 夕日哀愁風車 (2006 Live)
06 サラバ青春 (2006 Live)